中国のGDP増加率、5年で年平均7.2%に

出典:人民日报 作者:陸娅楠 掲載時間:2017-10-20
共有:

過去5年間には中国経済発展の「新常態(ニューノーマル)」という特徴がより顕在化した。国務院新聞弁公室で10日に行われた記者会見で、国家発展改革委員会の寧吉■(吉へんに吉)副委員長(国家統計局局長)は中国共産党の第18回全国代表大会(十八大)以降の経済分野における進展と成果を紹介した。

2013年から16年にかけて、国内総生産(GDP)の年平均成長率は7.2%で、同期の世界の平均成長率2.6%と発展途上経済体の平均成長率4%を上回り、毎年平均4兆4413億元(1元は約17.1円)増加した(15年の不変価格で換算)。今年上半期、国民経済は安定性を維持しながら好転し、GDPは前年同期比6.9%増加し、成長率は8四半期連続で6.7~6.9%の範囲にて安定した。

消費はすでに経済成長の主な原動力となっている。13年から16年にかけて、経済成長に対する最終消費の年平均寄与度は55%となり、資本の寄与度に比べて8.5ポイント上回り、内需が経済発展の主要な支えになった。

経済発展成果の恩恵が国民全体に及び、国民の生活水準が不断に向上した。16年には、国民一人あたりの平均可処分所得は23821元で、12年に比べて7311元増加し、年平均実質成長率は7.4%だった。これと同時に、消費バージョンアップの歩みが加速した。16年には、国民のエンゲル係数が30.1%となり、12年に比べて2.9ポイント低下し、国連が定めた富裕層の基準ラインとする20~30%に近づいた。交通通信、教育文化娯楽、医療保健のための支出が国民の消費支出に占める割合は12年に比べて交通通信が2.0ポイント、教育文化娯楽が0.7ポイント、医療保健が1.3ポイント、それぞれ上昇した。

産業構造では、農業インフラが強化されたと同時に、工業水準が上昇し、サービス業が最大の産業となって国民経済の半分を占めた。16年には、GDPに占める第三次産業の生産額の割合は51.6%に上り、12年に比べて6.3ポイント上昇した。今年上半期には、GDPに占める第三次産業生産額の割合は54.1%になった。

16年には、研究開発(R&D)投資が1兆5677億元に上り、12年に比べて52.2%増加し、GDPに対する比率は2.11%となり、12年に比べて0.2ポイント上昇した。(来源:人民日报)

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ